二木白図(読み)ふたつぎ はくと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二木白図 ふたつぎ-はくと

?-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
尾張(おわり)名古屋の薬種商。内藤楚山(そざん)の「佗(わび)草紙」に「加藤暁台(きょうたい)に俳諧(はいかい)をすすめて功をなさしめ,のち暁台の弟子となった」とある。遺稿に「三日月集」。享和元年5月14日死去。通称は治右衛門。別号に汐花亭,桂葉下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android