コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二木白図 ふたつぎ はくと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二木白図 ふたつぎ-はくと

?-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
尾張(おわり)名古屋の薬種商。内藤楚山(そざん)の「佗(わび)草紙」に「加藤暁台(きょうたい)に俳諧(はいかい)をすすめて功をなさしめ,のち暁台の弟子となった」とある。遺稿に「三日月集」。享和元年5月14日死去。通称は治右衛門。別号に汐花亭,桂葉下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二木白図の関連キーワード俳人白図

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android