コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条康道 にじょう やすみち

美術人名辞典の解説

二条康道

江戸前期の公卿。尹房の曾孫、昭実の子。徳川家康より諱字を賜わる。のち摂政となる。従一位に叙される。松永貞徳の門に入り、俳諧を能くした。寛文6年(1666)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条康道 にじょう-やすみち

1607-1666 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
慶長12年1月24日生まれ。九条幸家の長男。二条昭実(あきざね)の養子。徳川家康より康の字をおくられて康道と名のる。右大臣,左大臣をへて寛永12年摂政となる。従一位。松永貞徳(ていとく)の門人として俳諧(はいかい)をよくした。寛文6年7月28日死去。60歳。号は後浄明珠院。俳号は花の本,銅駄老人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

二条康道 (にじょうやすみち)

生年月日:1607年1月24日
江戸時代前期の公家
1666年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

二条康道の関連キーワード貞子内親王中和門院生年月日二条光平本庄道芳随庸

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android