コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二瀬 フタセ

2件 の用語解説(二瀬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふた‐せ【二瀬】

下女と妾(めかけ)など、二つの役を勤める雇い女。
「―、仲居も小差し出で」〈浄・重井筒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二瀬
ふたせ

福岡県飯塚(いいづか)市の一地区。旧二瀬町。明治中期以降、八幡(やはた)製鉄付属炭鉱(のち日鉄二瀬鉱)などの開発により炭鉱町として発展、1932年(昭和7)町制を施行したが、その後衰退、1963年飯塚市に合併した。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二瀬の関連キーワード相勤める奥勤め勤役下女兼勤七僧勤める婢妾メカ二つの海

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二瀬の関連情報