飯塚(読み)イイヅカ

大辞林 第三版の解説

いいづか【飯塚】

福岡県中北部の市。近世、長崎街道の宿場町。かつて筑豊炭田の中心。近年、商業が発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いい‐づか いひ‥【飯塚】

[1] 〘名〙 残飯をなすほどだったという長者に関する伝説。また、その伝承をもつ塚。地名に残るものも多い。
[2] 福岡県北部、嘉穂盆地の中心部の地名。江戸時代は長崎街道の宿場町、遠賀川水運の河港として栄え、明治中期からは炭鉱町として発達。筑豊地方の商業・交通の中心地。昭和七年(一九三二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯塚の関連情報