コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二番煎じ ニバンセンジ

デジタル大辞泉の解説

にばん‐せんじ【二番煎じ】

一度煎じたものをもう一度煎じること。また、そのもの。「二番煎じの茶」
前にあったことの模倣で新味のないもの。「二番煎じのコマーシャル」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

二番煎じ

古典落語の演目のひとつ。上方種。五代目三遊亭圓生が大阪から東京に移したとされる。八代目三笑亭可楽が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、旦那衆

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にばんせんじ【二番煎じ】

一度煎じたものを、再び煎じること。また、そうしたもの。 「 -の薬」
何度か行われ、新味のないもの。 「 -の出し物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二番煎じの関連キーワードデイビッド・A. ドレイク三遊亭 小円朝(3代目)蝶花楼 馬楽(5代目)劣化コピー古典落語一番煎じ仲哀天皇漢方薬岸田秀浮世床煎じ薬出し物煎じ二番

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二番煎じの関連情報