コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二番煎じ ニバンセンジ

デジタル大辞泉の解説

にばん‐せんじ【二番煎じ】

一度煎じたものをもう一度煎じること。また、そのもの。「二番煎じの茶」
前にあったことの模倣で新味のないもの。「二番煎じのコマーシャル」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

二番煎じ

古典落語の演目のひとつ。上方種。五代目三遊亭圓生が大阪から東京に移したとされる。八代目三笑亭可楽が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、旦那衆

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

にばんせんじ【二番煎じ】

一度煎じたものを、再び煎じること。また、そうしたもの。 「 -の薬」
何度か行われ、新味のないもの。 「 -の出し物」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二番煎じの関連キーワードデイビッド・A. ドレイク三遊亭 小円朝(3代目)蝶花楼 馬楽(5代目)劣化コピー古典落語仲哀天皇一番煎じ漢方薬煎じ薬岸田秀浮世床出し物煎じ二番

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二番煎じの関連情報