コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三等 サントウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう【三等】

第3の等級。3番目の順位。「くじ引きで三等を当てる」「三等航海士」
もと、船舶・鉄道で、客室や客車を3等級に分けた、その3番目。
同類のものの中で、程度のあまりよくないこと。三流。「三等国」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんとう【三等】

第三番目の等級。第三位。 「競走で-になる」 「勲-」
もと、鉄道・客船などの最下級の旅客等級。
三つの等級・段階。 「その音に-あり/滑稽本・放屁論」
程度があまりよくないこと。 「 -国」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三等の関連キーワード信近 春城式部の大夫右近衛将監左近衛将監南三角座香川景之左兵衛尉毛利安子右兵衛尉右衛門尉滑稽本大判官赤切符奏任官中追放航海士右少弁軽追放靫負尉左少弁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三等の関連情報