コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三等 サントウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう【三等】

第3の等級。3番目の順位。「くじ引きで三等を当てる」「三等航海士」
もと、船舶・鉄道で、客室や客車を3等級に分けた、その3番目。
同類のものの中で、程度のあまりよくないこと。三流。「三等国」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんとう【三等】

第三番目の等級。第三位。 「競走で-になる」 「勲-」
もと、鉄道・客船などの最下級の旅客等級。
三つの等級・段階。 「その音に-あり/滑稽本・放屁論」
程度があまりよくないこと。 「 -国」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三等の関連キーワード左近衛将監右近衛将監式部の大夫南三角座毛利安子左兵衛尉香川景之右衛門尉右兵衛尉軽追放滑稽本大判官赤切符中追放右少弁左少弁航海士靫負尉奏任官陸佐

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三等の関連情報