三流(読み)サンリュウ

  • さんりゅう ‥リウ
  • さんりゅう〔リウ〕
  • さんる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 三つの流派。
※日次紀事(1685)臨時「立花会。今時立花有三流、六角堂池坊、本能寺中大受院、河原町周玉是也、三流之徒弟互分争」
② 第三等の階級。二流までもいかない低い等級。転じて、きわめて質のよくないこと。
※緑蔭茗話(1890‐91)〈内田魯庵〉「製本装釘に苦心するは第一流なり、俗受を心配するは第二流なり、趣向文字に惨譫たるは第三流(サンリウ)なり」
〘名〙 (「る」は「流」の呉音) 令制の刑罰で、三種類の流罪(るざい)。遠流(おんる)・中流(ちゅうる)・近流(こんる)をさす。
※令義解(718)獄「凡流人応配者。依罪軽重。各配三流

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三流の関連情報