コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二葉蘭 フタバラン

デジタル大辞泉の解説

ふたば‐らん【二葉×蘭】

ラン科の多年草。高山の針葉樹林下に生え、高さ約10センチのの中ほどに、柄のない広卵形の葉が2枚対生する。夏、茎の先に褐緑色の花を穂状につける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたばらん【二葉蘭】

ラン科の小形の多年草。深山の針葉樹林内に自生。高さ約12センチメートル。茎の中ほどに卵心形の葉を一対つける。夏、茎頂に唇弁が二裂する黄褐色の小花を十数個開く。コフタバラン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

二葉蘭 (フタバラン)

植物。ラン科の多年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

二葉蘭の関連キーワードコフタバラン植物小花深山唇弁一対自生

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android