コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重織物 フタエオリモノ

3件 の用語解説(二重織物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたえ‐おりもの〔ふたへ‐〕【二重織物】

浮き織物の地文の上に別糸で縫取織(ぬいとりおり)をして文様を織り出したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふたえおりもの【二重織物】

地紋の上にさらに別糸で他の文様を浮き織りにした織物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重織物
にじゅうおりもの

二色以上の色糸を使い、表裏二重組織からなる織物。この組織は、完全な一重織物を上下二枚合わせになるように、同時に製織したもので、経糸(たていと)のみで二重組織としたもの、あるいは緯糸(よこいと)のみで二重組織としたもの、また経緯糸を使い二重組織にしたものなどがあり、厚地織物、袋織物、両面織物などをつくるときに用いられる組織である。二色の色糸を使って両面織物としたものは、表出される文様が表裏互いに逆の配色となるものである。それには袋織、接結(せっけつ)二重織、芯入(しんいり)二重織、裏付二重織、風通二重織などとよばれるものがあり、また古くから風通あるいは風通織ともよんできたもので、名物裂(ぎれ)にもみられる。
 現在では、和服地について、風通縮緬(ちりめん)、風通お召(めし)などがあり、また広幅ものでは、絹のほかに、最近では、羊毛・化合繊のものがあり、高級婦人服などに使われる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二重織物の言及

【二倍織物】より

…二重織物,二陪織物とも書く。紋織物の一種で,特に有職(ゆうそく)織物として知られる。…

※「二重織物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二重織物の関連キーワード浮織物二倍織物浮き織物・浮織物浮文固織物縫取り縫取り織縫取る縫取織

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二重織物の関連情報