五劫思惟(読み)ごこうしゆい

精選版 日本国語大辞典「五劫思惟」の解説

ごこう‐しゆい ゴコフ‥【五劫思惟】

〘名〙 (「ゆい」は「惟」の呉音) 仏語。阿彌陀如来が一切の衆生を済度するための願を起こし、五劫の間思惟したことをいう。
※海道記(1223頃)東国は仏法の初道「七宝の高台には、四十八願の主、五劫思惟の光を放て念仏の行者を照し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五劫思惟」の解説

ごこう‐しゆい〔ゴコフ‐〕【五×劫思×惟】

阿弥陀仏が四十八願をたてる以前に、その誓いについて五劫もの長い間考え続けたこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android