五劫思惟(読み)ゴコウシユイ

デジタル大辞泉の解説

ごこう‐しゆい〔ゴコフ‐〕【五×劫思×惟】

阿弥陀仏が四十八願をたてる以前に、その誓いについて五劫もの長い間考え続けたこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごこうしゆい【五劫思惟】

〘仏〙 阿弥陀仏がまだ法蔵比丘という修行者であった時、誓願をたてるため五劫もの長時間にわたって思索をこらしたこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごこう‐しゆい ゴコフ‥【五劫思惟】

〘名〙 (「ゆい」は「惟」の呉音) 仏語。阿彌陀如来が一切の衆生を済度するための願を起こし、五劫の間思惟したことをいう。
※海道記(1223頃)東国は仏法の初道「七宝の高台には、四十八願の主、五劫思惟の光を放て念仏の行者を照し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五劫思惟の関連情報