五劫思惟(読み)ゴコウシユイ

  • ごこうしゆい ゴコフ‥
  • ごこうしゆい〔ゴコフ〕
  • 五×劫思×惟

大辞林 第三版の解説

阿弥陀仏がまだ法蔵比丘という修行者であった時、誓願をたてるため五劫もの長時間にわたって思索をこらしたこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ゆい」は「惟」の呉音) 仏語。阿彌陀如来が一切の衆生を済度するための願を起こし、五劫の間思惟したことをいう。
※海道記(1223頃)東国は仏法の初道「七宝の高台には、四十八願の主、五劫思惟の光を放て念仏の行者を照し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android