五十日鬘(読み)ゴジュウニチカズラ

大辞林 第三版の解説

ごじゅうにちかずら【五十日鬘】

〔「ごじゅうにちかつら」とも〕
歌舞伎の鬘の一。月代さかやきの伸びた状態で、百日鬘より髪の短いもの。浪人・病人・罪人・盗賊などの役に用いる。五十日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五十日鬘の言及

【歌舞伎】より

…時代物の盗賊役などに用いる。少し短いものに〈五十日鬘〉がある。 タテ立回り(殺陣)をいう。…

※「五十日鬘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android