五智の宝冠(読み)ゴチノホウカン

大辞林 第三版の解説

ごちのほうかん【五智の宝冠】

大日如来などが頭上に頂く宝冠。五角形の各平面に五智五仏を配する。五仏宝冠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごち【五智】 の 宝冠(ほうかん)

大日如来、金剛薩埵(こんごうさった)、彌勒などが頂く冠。五仏宝冠ともいい、冠中に五智如来の化身が存するので、この名がある。五角形の各平面に五仏の像が描かれており、後世、山伏がかぶった頭巾は、この形に基づいてつくられたという。
※謡曲・安宅(1516頃)「兜巾といっぱ五智の宝冠なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android