コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜巾 ときん

2件 の用語解説(兜巾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兜巾
ときん

修験道の山伏がかぶる黒白の布でつくった頭巾。頭巾,頭襟とも書く。大日如来五智の宝冠をかたどったのを小頭襟といい,不動明王八葉蓮華を表わすのを長頭襟という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兜巾
ときん

頭巾とも書く。中国の唐の(ぼくとう)を模した、柔らかい(そうら)(黒の薄物)で袋状に縫った被(かぶ)り物。この兜巾のへりにつけた紐(ひも)をあごの下で結んで用いる。また山伏など修験(しゅげん)者がかぶるものに、十二因縁を表す12襞(ひだ)があるが、これは、山中を遍歴する際に、山の悪気にあうのを防ぐためであった。最初は、頭の鉢全体を覆うようなものであったが、のちに形式化して小形のものとなり、現在山伏たちが用いている。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兜巾の関連キーワード修験者修験外袖作り山伏斑蓋べか船黒白の差白加賀でつくった梅酒ひのきでつくった猫砂行智