コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兜巾(読み)ときん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兜巾
ときん

頭巾とも書く。中国の唐の(ぼくとう)を模した、柔らかい(そうら)(黒の薄物)で袋状に縫った被(かぶ)り物。この兜巾のへりにつけた紐(ひも)をあごの下で結んで用いる。また山伏など修験(しゅげん)者がかぶるものに、十二因縁を表す12襞(ひだ)があるが、これは、山中を遍歴する際に、山の悪気にあうのを防ぐためであった。最初は、頭の鉢全体を覆うようなものであったが、のちに形式化して小形のものとなり、現在山伏たちが用いている。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android