コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛薩埵 こんごうさったVajra-sattva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛薩埵
こんごうさった
Vajra-sattva

執 (しゅう) 金剛,持金剛,秘密主などと漢訳されている。密教の付法相承の第2祖。大日如来自内証 (内心の悟り) の法門を聞いて,上首であった金剛薩 埵がそれを結集し,のち龍猛 (樹) に授けたと伝えられている。金剛界曼荼羅理趣会の本尊で,菩提心には堅固不壊 (けんごふえ) の徳のあることを示し,降三世会では,忿怒 (ふんぬ) 形を示して,衆生煩悩障,所知障の2障を断じる相を現している。胎蔵界曼荼羅では,金剛手院中尊となっている。教王護国寺に日本最古の像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐さった〔コンガウ‐〕【金剛薩埵】

大日如来と衆生とを結ぶ役目を果たす菩薩。真言密教の第二祖とされ、像は右手に五鈷杵(ごこしょ)、左手に五鈷鈴を持つ姿に表される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうさった【金剛薩埵】

サンスクリット名はバジュラ・サットゥバVajra‐sattvaḥで,執金剛,金剛手秘密主などと漢訳された。衆生が生まれながらに持つ菩提心(ぼだいしん)を象徴すると同時に,菩提心によって無上の悟りを求める者を代表する。密教付法の第2祖ともいわれる。形像は菩薩形であるが,胎蔵界曼荼羅金剛手院の像と金剛界曼荼羅理趣会,成身会,微細会の像とでは,持物と手の位置に差が見られる。後者に作例があり,それは左手に五鈷鈴(ごこれい),右手に五鈷杵(ごこしよ)を持つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうさった【金剛薩埵】

〘仏〙 〔 Vajra-sattva〕 密教の付法八祖の第二。像は、右手には金剛杵しよを持ち、左手は拳を握るか鈴を持つ姿。金剛手。執金剛秘密主。金剛蔵。金薩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金剛薩
こんごうさった

真言密教の教理体系の中心である大日如来(だいにちにょらい)と衆生(しゅじょう)の菩提(ぼだい)心をつなぐ役割をもつ一尊。普賢菩薩(ふげんぼさつ)と同体ともいわれる。サンスクリット語ではバジラサットバVajra-sattvaという。バジラは金剛、堅い、サットバは薩と音写し、勇猛、有情(うじょう)の意。執(しゅう)金剛、金剛手(しゅ)、大勇(たいゆう)金剛などともいう。金剛部諸尊の部母、仏母的存在として礼拝(らいはい)され、チベットなどチベット仏教(ラマ教)文化圏でも盛んに信仰されている。また真言八祖像では付法の第二祖とされる。図像は菩薩像で、金剛界曼荼羅(まんだら)の理趣会(りしゅえ)、成身会(じょうじんね)、微細会(みさいえ)によると、五仏宝冠を頂き、右手は五鈷杵(ごこしょ)を胸前に持ち、左手は五鈷鈴を握って腰脇(わき)に置く。身色は肉色で結跏趺坐(けっかふざ)する。彫刻では高野山(こうやさん)金堂に秘仏があったが、1926年(昭和1)焼失。ほかに東寺(教王護国寺)講堂の五大菩薩像中の一体金剛薩(平安時代、国宝)と、随心院(京都)に鎌倉時代の作例が現存する。[真鍋俊照]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金剛薩埵の言及

【普賢】より

…彫刻では大倉文化財団所蔵の像が平安時代騎象普賢像としてよく知られている。密教では金剛薩埵(こんごうさつた)と同体とされ,胎蔵曼荼羅中台八葉院・文殊院,さらに金剛界曼荼羅中に見いだされる。またさまざまな図像の変化がある。…

※「金剛薩埵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金剛薩埵の関連キーワード金剛蔵王菩薩降三世明王付法の八祖菅原 安男真言八祖真言七祖金剛童子愛染明王菅原安男普賢菩薩五秘密法理趣経金剛杵五秘密七祖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android