コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五段教授法 ごだんきょうじゅほう

百科事典マイペディアの解説

五段教授法【ごだんきょうじゅほう】

教授法の一つ。ヘルバルトは連想心理学から認識過程を表象群の運動ととらえ,この運動が興味の多面的発達を促すとし,認識の段階を表象の明瞭,連合,系統,方法(活用)の4段階からなるとした。ここから教授段階説も導き出され,のち,ヘルバルト学派の一人W.ラインはこれを予備,提示,比較,総括,応用の5段階と改めた。日本では1890年ころから広く知られるようになった。
→関連項目谷本富

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android