コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷本富 たにもととめり

3件 の用語解説(谷本富の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷本富
たにもととめり

[生]慶応2(1866).高松
[没]1946
教育学者。 1881年高松医学校卒業。東京大学で選科生として哲学,特約生として,ハウスクネヒトから教育学を学び,山口高等中学校高等師範学校教授などを歴任。 1900年ヨーロッパに留学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

谷本富【たにもととめり】

ヘルバルト派教育学の紹介・普及に貢献した教育学者。高松生れ。1889年,東大卒。山口高等中学校,東京高等師範学校教授を経て,1899年英仏独へ留学,教育学関係で日本最初の文学博士となる。
→関連項目新教育運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷本富 たにもと-とめり

1867-1946 明治-昭和時代前期の教育学者。
慶応3年10月17日生まれ。明治39年京都帝大教授となるが,大正2年沢柳事件で辞任。ドイツのヘルバルト学説の紹介から出発し,国家主義的教育,さらに個人本位の新教育を主張した。昭和21年2月1日死去。80歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。帝国大学卒。著作に「実用教育学及教授法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の谷本富の言及

【新教育】より

…1921年には国際的な新教育運動のための組織として国際新教育連盟Ligue Internationale pour l’Éducation nouvelle(International New Education Fellowship)も結成されるにいたった。 日本では日露戦争直後に京都帝国大学教授の谷本富(たにもととめり)(1867‐1946)がヨーロッパ,アメリカにおける新教育に学んで日本にも新教育運動が必要とされることを説いて,教育界に波紋をひきおこした。彼の主張は,今後の日本の帝国主義的発展を支える人間は,それまで明治政府がすすめてきた画一的形式主義的教育からは育たないとして,カリキュラムの近代化と教育方法における子どもの興味や自発性の尊重を説いた。…

※「谷本富」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

谷本富の関連キーワード633美の里いの(町)吾北英学吉野川(四国)池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone