コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五種香 ゴシュコウ

デジタル大辞泉の解説

ごしゅ‐こう〔‐カウ〕【五種香】

5種類の香を一つに合わせたもの。仏前に供えた。
《五種香売りが首から箱をさげて売り歩く姿に似るところから》年始回りの供。
「吉の野郎を―にして年玉物を持たせて出た」〈滑・浮世風呂・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごしゅこう【五種香】

五種類の香を混ぜたもの。仏前に供える。
〔供人が箱を首にかけた姿が五種香売りに似ていることから〕 お供をすること。 「吉の野郎を-にして年玉物を持たせて出た/滑稽本・浮世風呂 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五種香の関連キーワード年始回り仏前

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android