五輪成身(読み)ごりんじょうしん

精選版 日本国語大辞典「五輪成身」の解説

ごりん‐じょうしん ‥ジャウシン【五輪成身】

〘名〙 仏語。
① 真言密教で、行者が五輪(地・水・火・風・空)を自身の身体の五処(膝・臍・胸・面・頂)に配して、この身のままが仏身であると観ずること。
※源平盛衰記(14C前)八「八葉肉壇の胸の間には三十七尊の光円を耀し、五輪成身(ごリンジャウシン)の宝冠には、八十種好(しゅがう)の金花を厳(かざ)る」
② (五輪は物質的元素であり、肉体もそれで構成されるというところから) 肉体。からだ。五輪五体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五輪成身」の解説

ごりん‐じょうしん〔‐ジヤウシン〕【五輪成身】

真言密教で、行者が五大を身体の5か所に配して、自分の身がそのまま仏身であると観じること。
五輪五体」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android