五酸化リン(読み)ごさんかリン(英語表記)phosphorus pentoxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五酸化リン
ごさんかリン
phosphorus pentoxide

化学式 P2O5 。無水リン酸ともいう。実際の分子は P4O10 なので,最近は十酸化四リンとも呼ばれる。リンを乾燥空気の気流中で燃焼させて得られる。潮解性の強い無色の固体。融点 580~585℃。 300℃で容易に昇華する。水に溶け,メタリン酸 HPO3 を生じる (→リン酸 ) 。強力な乾燥剤として重要。有機合成では縮合反応の試薬として用いられる。腐食性,刺激性があり,有毒である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の五酸化リンの言及

【五酸化二リン(五酸化二燐)】より

…慣用名は五酸化リン,無水リン酸。化学式P2O5またはP4O10。…

※「五酸化リン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android