五陰盛苦(読み)ごおんじょうく

精選版 日本国語大辞典「五陰盛苦」の解説

ごおん‐じょうく ‥ジャウク【五陰盛苦】

〘名〙 仏語八苦の一つ。有情の身心や環境を形成する五陰が執着されることによって起こる。「盛苦」をはげしい苦のとも、「五陰」を器とみて、苦を盛る意とも解する。五盛陰苦(ごじょうおんく)
※存覚法語(1356)「四苦といふは生、老、病、死なり。八苦といふはこれに愛別離苦、求不得苦、怨憎会苦、五陰盛苦をくはふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「五陰盛苦」の解説

五陰盛苦

仏教でいう八苦の一つ。有情の身心や環境を形成する五陰が執着されることによって起こる苦。

[解説] 「盛苦」をはげしい苦の意とも、「五陰」を器とみて、苦を盛る意とも解します。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android