愛別離苦(読み)あいべつりく

大辞林 第三版の解説

八苦の一。親・兄弟・妻子など愛する者と別れる苦しみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。八苦の一つ。愛別する苦しみ。
※往生要集(984‐985)大文二「心事相応、無愛別離苦」 〔法華経‐譬喩品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

親子・兄弟・夫婦など愛すると別れるしみ。この世には愛する者と別れるという苦があり、会った者とは必ずいつかは別れる運命にある。この世のかなしさ、はかなさをいう。

[使用例] 虐げられし者の涙は乾く暇はなく、弱き者の流血は止む時なく、貧窮と災害は跡を絶たず、愛別離苦の憂いは尽くるところをしらない[石上玄一郎*日蝕|1948]

[解説] 教でいう八苦の一つ。意味的には「愛別離」と「苦」とが結びついた語。「愛別離苦、しゃじょう」の対句の形でも用います。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android