コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上因砂 いのうえ いんさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上因砂 いのうえ-いんさ

1785-1829 江戸時代後期の囲碁棋士。
天明5年生まれ。本姓は山崎で,本因坊道策井上道砂の生家の出身。井上因達(8世因碩(いんせき))の門人。肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主水野氏につかえた。因達の遺言により10世因碩を名のる。御城碁をつとめ,6段にすすむ。文政12年10月2日死去。45歳。石見(いわみ)(島根県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上因砂の関連キーワード三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水高橋景保鹿都部真顔高橋景保細田栄之

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone