コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上秀 いのうえ ひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上秀 いのうえ-ひで

1875-1963 明治-昭和時代の家政学者,教育家。
明治8年1月6日生まれ。長女出産後,日本女子大学校に入学。卒業後欧米に留学。明治43年母校の教授となり,昭和6年校長。成瀬仁蔵とともに日本の家政学の確立につとめた。大正11年日本婦人平和協会理事長。昭和38年7月19日死去。88歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上秀の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)百済(くだら 朝鮮)鉄筋コンクリート構造新羅(しらぎ)任那(みまな)三国史記淵蓋蘇文建国神話昭和時代広開土王骨品制長寿王真興王高句麗教育家金春秋

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上秀の関連情報