コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬仁蔵 なるせじんぞう

8件 の用語解説(成瀬仁蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成瀬仁蔵
なるせじんぞう

[生]安政5 (1858).6.23. 周防,吉敷
[没]1919.3.4. 東京
明治期の女子教育の先覚者。吉敷藩校憲章館を経て山口県教員養成所に入り,1876年小学師範科を卒業,小学校訓導となった。翌 1877年沢山保羅の感化でキリスト教に入信。大阪で梅花女学校(→梅花女子大学)教師を務めたのち,奈良や新潟で伝道活動に従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なるせ‐じんぞう〔‐ジンザウ〕【成瀬仁蔵】

[1858~1919]教育家。山口の生まれ。米国に留学して女子教育を研究。帰国後、明治34年(1901)日本女子大学校を創立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成瀬仁蔵 なるせ-にぞう

なるせ-じんぞう

成瀬仁蔵 なるせ-じんぞう

1858-1919 明治-大正時代の教育者。
安政5年6月23日生まれ。大阪でキリスト教に入信。女子高等教育の必要性を説き,大阪の梅花女学校の主任教師となる。アメリカ留学後,明治34年日本女子大学校を創立。大正8年3月4日死去。62歳。周防(すおう)(山口県)出身。山口県教員養成所卒。名は「にぞう」ともよむ。
【格言など】信念徹底・自発創生・共同奉仕(危篤の病床で教育三標語を揮亳(きごう))

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

成瀬仁蔵

没年:大正8.3.4(1919)
生年:安政5.6.23(1858.8.2)
明治大正期の教育家,社会改良家。周防(山口県)吉敷に,吉敷毛利藩士成瀬小左衛門,歌子の長男として生まれる。藩校吉敷憲章館に学ぶ。8歳で母を,17歳で父と弟を失う。山口県教員養成所を卒業し,小学校長などを務める。同郷の沢山保羅によりキリスト教に入信し,明治10(1877)年大阪浪花教会で受洗,梅花女学校(梅花女子大)の主任教師となり女子教育への第一歩を印した。のち奈良の郡山教会,新潟の新潟教会の初代牧師を務め,その間に新潟女学校を設立,北越学館創立にも関係した。飛躍を志して23年渡米。アンドバー神学校,クラーク大学で社会学,教育学などを研究し,大学や社会施設を視察して27年帰国。一時,梅花女学校長となるが,『女子教育』を出版し女子高等教育の必要性を訴えて奔走。34年,日本女子大学校を創立,人格教育を重視し自発性を尊重する教育を進め生涯学習を主張した。その実践として同窓会(桜楓会)を組織し出版や通信教育などを通じて社会活動を行う。一方,45年には渋沢栄一,姉崎正治らと帰一協会を設立。国内外の思想,宗教の調和を企て,翌年にかけて欧米を巡った。帰国後教育調査会,臨時教育会議の委員ともなり,社会的にも活躍した。肝臓癌にかかり,死を前に告別講演を行って,その教育理念を信念徹底・自発創生・共同奉仕の三綱領として書き遺した。<著作>『成瀬仁蔵著作集』全3巻<参考文献>仁科節編『成瀬先生伝』

(中嶌邦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なるせじんぞう【成瀬仁蔵】

1858‐1919(安政5‐大正8)
日本女子大学校(日本女子大学の前身)の創設者。山口県出身。1876年山口県教員養成所を卒業,県下の初等教育に従事したが,77年大阪でキリスト教に入信,プロテスタント主義の梅花女学校の創設に参加,78年教頭として女子教育に第一歩をふみだした。その後,女子教育の本格的研究とあわせて宗教心探求のため,90‐94年アメリカのアンドバー神学校,クラーク大学に留学,留学中に女子高等教育機関設立の構想をふくらませた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なるせじんぞう【成瀬仁蔵】

1858~1919) 教育家。周防国の人。教師・牧師として活動。アメリカ留学後、梅花女学校校長となり、1901年(明治34)日本女子大学校を創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成瀬仁蔵
なるせじんぞう
(1858―1919)

女子教育者。日本女子大学校(現、日本女子大学)創立者。安政(あんせい)5年6月23日長州吉敷(よしき)藩士の家に生まれる。藩学憲章館を経て1876年(明治9)山口県教員養成所を卒業、小学校訓導となる。翌1877年同郷の沢山保羅(さわやまぽうろ)(1852―1887)と相知り大阪浪花(なにわ)教会で受洗、梅花女学校教師となり、郡山(こおりやま)教会、新潟教会牧師として伝道に従事。1886年新潟女学校を設立して校長となる。1890年女子教育研究のためアメリカに留学、アンドバー神学院、クラーク大学に学び、帰国後、梅花高等女学校校長となる。1896年辞職、女子高等普通教育の必要を力説して女子大学校設立計画を発表、政財界有力者の後援を得て1900年(明治33)日本女子大学校を設立、没年まで校長として女子高等教育の発展に尽力した。彼の教育理念は、女子を「人として」「婦人として」「国民として」教育するというもので、普通教育主義、良妻賢母主義、明治的ナショナリズムの結合したものであった。主著は『女子教育』(1896)のほか『成瀬仁蔵著作集』3巻(1981)がある。大正8年3月4日没。[小股憲明]
『仁科節編『成瀬先生伝』(1928・桜楓会出版部/1989・大空社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の成瀬仁蔵の言及

【日本女子大学】より

…東京都文京区目白台にある私立女子大学。その前身は,成瀬仁蔵が女子を〈人間として,婦人として,国民として〉育成することを目的に,〈信念徹底〉〈自発創生〉〈共同奉仕〉の三大綱領を教育方針として,1901年に創設した日本女子大学校である。高度の普通教育を中心にした本格的な女子高等教育機関の発足として,その女子教育史上における意義は大きい。…

※「成瀬仁蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

成瀬仁蔵の関連キーワード天野為之春山作樹教育家社会改良主義跡見李子為藤五郎中村ユス馬場四郎藤原喜代蔵湯本武比古

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成瀬仁蔵の関連情報