コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上節山 いのうえ せつざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上節山 いのうえ-せつざん

1820-1856 江戸時代後期の囲碁棋士。
文政3年生まれ。本因坊丈和の長男。眼をやみ,弟の秀和が本因坊家をついだ。井上幻庵(11世因碩(いんせき))にむかえられ,12世井上因碩を襲名し6段となる。精神に異常をきたし門人を殺害したため相模(さがみ)(神奈川県)に引退した。安政3年死去。37歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上節山の関連キーワード井上因碩(12世)

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android