コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上雄彦 いのうえたけひこ

2件 の用語解説(井上雄彦の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

井上雄彦

マンガ家。1967年鹿児島県生まれ。88年「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて「楓パープル」でデビュー。代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』など。スポーツや戦いを通じた人間の成長を描くことが多く、ときに笑いも織り交ぜながら、鋭い視点で人間性にせまった作品を描く。ゲームキャラクターデザイン、バスケットボールプレーヤーを支援する「スラムダンク奨学金」設立など、マンガ家の枠におさまらない活動もみせる。
90年から「週刊少年ジャンプ」で連載を始めた『SLAM DUNK』は絶大な人気を誇り、バスケットボールブーム火付け役ともなった。同作品は93年よりアニメ化、2004年には単行本の国内発行部数1億部を突破。これを記念して、全国紙6社で1面広告掲載などが行われた。さらに、イベント「1億冊ありがとうファイナル」を神奈川県の廃校で実施。『SLAM DUNK』最終話のその後を、黒板に描いてファンに披露した。98年には「モーニング」(講談社)で、宮本武蔵を題材にした『バガボンド』を連載開始。連載途中でペンを筆に変えるなど、表現方法にも工夫をみせる。同作品は2006年の時点で単行本の累計4千930万部に達した。08年、上野の森美術館で「井上雄彦 最後のマンガ展」を開催。約140点の描き下ろしイラストやマンガを展示。和紙に描いた作品やさまざまなサイズの作品を織り交ぜ、美術館全体を活用した展示を行い、画期的なマンガ展のあり方としても話題になった。
06年、若いバスケットボール選手を支援する「スラムダンク奨学金」を設立。奨学生をプレップスクールに派遣するもので、奨学金の原資には「SLAM DUNK」の印税の一部も含まれる。
受賞歴に、『SLAM DUNK』で第40回小学館漫画賞、09年文化庁芸術選奨メディア芸術部門文部科学大臣新人賞、『バガボンド』で第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞、『リアル』で第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞など。

(富岡亜紀子 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐たけひこ〔ゐのうへ‐〕【井上雄彦】

[1967~ ]漫画家。鹿児島の生まれ。本名、成合(なりあい)雄彦。リアルなタッチでバスケットボールにかける高校生たちを描いた「SLAM DUNK(スラムダンク)」のヒットにより、若年層の読者にブームを巻き起こす。他に、吉川英治の小説「宮本武蔵」を原作とした「バガボンド」、車椅子バスケットボールを扱った「リアル」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上雄彦の関連キーワード鹿児島県鹿児島大学岩崎行親折田兼至国生岩右衛門中原菊次郎野村綱樋渡清廉町野碩夫満田ユイ

井上雄彦の関連情報