コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井伊直興 いい なおおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井伊直興 いい-なおおき

1656-1717 江戸時代前期-中期の大名。
明暦2年3月6日生まれ。井伊直孝(なおたか)の孫。叔父井伊直澄(なおずみ)の養子。延宝4年近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩主井伊家4代となる。元禄(げんろく)10年大老。14年隠居して直治(なおはる)と名のった。嗣子の直通,直恒の病死により宝永7年藩主(7代)に再任,8年ふたたび大老に就任して直該(なおもり)と改名,のち元の直興に復した。彦根藩中興の主といわれる。享保(きょうほう)2年4月20日死去。62歳。号は覚翁軒,全翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

井伊直興 (いいなおおき)

生年月日:1656年3月6日
江戸時代前期;中期の大名;大老
1717年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

井伊直興の関連キーワード井伊直定生年月日井伊直惟井伊直矩井伊直恒井伊直該井伊直通玄宮園中期大名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android