井内南涯(読み)いうち なんがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「井内南涯」の解説

井内南涯 いうち-なんがい

1784-1846 江戸時代後期の儒者
天明4年生まれ。肥前佐賀藩士。江戸で古賀精里師事。藩校弘道館の指南となり,のち昌平黌(しょうへいこう)にもまなび,舎長をつとめた。世子のころ鍋島閑叟(なべしま-かんそう)の傅育(ふいく)役をへて,天保(てんぽう)5年(1834)弘道館教授。弘化(こうか)3年6月死去。63歳。名は季嶢。字(あざな)は孚卿。通称は伝右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android