コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口新次郎 イグチシンジロウ

デジタル大辞泉の解説

いぐち‐しんじろう〔ゐぐちシンジラウ〕【井口新次郎】

[1904~1985]野球選手・新聞記者和歌山の生まれ。和歌山中、早大野球部で活躍後、昭和4年(1929)大阪毎日新聞社に入社アマチュア野球評論を行う。のち選抜高校野球大会の選考委員、全日本軟式野球連盟副会長などを歴任

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口新次郎 いぐち-しんじろう

1904-1985 大正-昭和時代の野球選手,新聞記者。
明治37年6月7日生まれ。大正10年和歌山中学の遊撃手兼投手として,11年には投手として全国中等学校野球大会で史上初の連続優勝。早大では不動の4番打者として活躍。昭和4年大阪毎日新聞社にはいり,高校野球や都市対抗野球の発展につくす。全日本軟式野球連盟副会長などをつとめた。昭和60年9月24日死去。81歳。平成10年野球殿堂入り。和歌山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井口新次郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井口新次郎の関連情報