コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市対抗野球 トシタイコウヤキュウ

3件 の用語解説(都市対抗野球の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とし‐たいこうやきゅう〔‐タイカウヤキウ〕【都市対抗野球】

社会人野球の全国大会。年に1回、東京ドームで夏に行われる。各都市の代表チーム(企業・クラブ)が戦う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

都市対抗野球【としたいこうやきゅう】

全国各地の都市代表社会人野球チームの大会。正称は都市対抗野球社会人野球日本選手権大会橋戸頑鉄〔1879-1936〕の尽力で,1927年以来毎年夏に東京で開催。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都市対抗野球
としたいこうやきゅう

1927年(昭和2)から行われている、社会人野球最高峰の全国大会。[日本野球連盟]

草創期

発案者は東京日日新聞(現毎日新聞)政治部の記者島崎新太郎で、(1)各地の実業団(会社)チームやクラブチームが充実するにつれてみなぎってきた試合欲を満たすため、(2)当時、実力・人気とも最高であった東京六大学野球の花形選手が学校を卒業すると、もうそのプレーに接することができず、寂しがっていたファンのため、に企画された。これを受け、東京日日新聞運動部の記者橋戸信(まこと)(頑鉄(がんてつ))は1年余り奔走(ほんそう)して同大会を実現させた。「都市対抗野球」の名称は、橋戸の友人小西得郎が「アメリカ大リーグのように都市を背景にした対抗大会にしたい」と提案して命名された。優勝旗をデザインしたのは小杉未醒(みせい)(のち放庵(ほうあん))で、バビロンのレリーフにヒントを得て強者を象徴する黒獅子(くろじし)を描いたところから「黒獅子旗」とよぶことになった。
 第1回大会は1927年8月3日、神宮球場で開幕した。代表12チームは推薦出場で、地区予選が行われるようになったのは第2回大会からである。第1回から3回までは、当時日本領であった大連(だいれん)市の満州倶楽部(くらぶ)と大連実業が優勝した。これに国内のチームは奮起し、とくに神宮球場の地元の東京クラブは第4、5回大会を連覇、7、9回大会にも優勝した。第9回大会(1935)まではプロ野球はなく、有名選手が多数出場する同大会は毎回盛況でファンを熱狂させた。第10回大会を前に都市対抗野球の創始者である橋戸が死去したことから、その功績を長くたたえるため、第7回から設けられていた最優秀選手賞を「橋戸賞」とした。最初の受賞者は門司(もじ)鉄道局の捕手井野川利春である。第12回大会(1938)から、舞台が神宮球場から後楽園球場へと移り、クラブチームにかわって会社チームが主流となった。[日本野球連盟]

第二次世界大戦後

第二次世界大戦のため第16回大会(1942)を最後に3年間中断されたが、1946年8月に復活、第17回大会が行われた。第18回大会には、昭和天皇、香淳(こうじゅん)皇后が来場、グラウンドに立って選手宣誓を受け、開幕試合を見学した(第40回大会にも来場)。なお、この大会から敢闘賞として「久慈(くじ)賞」が設けられた。函館太洋(はこだてオーシャン)倶楽部で活躍した捕手久慈次郎の闘志あふれるプレーをたたえたもので、優勝した大日本土木の投手中原宏が受賞した。なお久慈賞は、翌19回大会からは準優勝チームの選手から選ばれるようになった。
 第20回大会(1949)から日本社会人野球協会(現日本野球連盟)と毎日新聞社の共催となり、大会独特の補強選手制度が設けられた。地区の代表チームは同一地区の予選敗退チームのなかから最大5選手を補強することができる制度で、21回大会から採用された。第27回大会(1956)では、補強選手制度の発案など創設時から大会育成に尽くした毎日新聞運動部の記者小野三千麿(みちまろ)の努力をたたえる「小野賞」が制定された。大会を通じてすばらしい活躍をした選手個人、またはチームに贈られる賞で、初の受賞は日鉱日立チームである。
 第59回大会(1988)から舞台が後楽園球場から東京ドームへと移り、2001年(平成13)の第72回大会からは「黒獅子エンブレム」が優勝チームに贈られることになった。優勝チームの選手は翌年の本大会までの1年間、ユニホームにこのエンブレムをつけて試合ができるというものである。
 なお、本大会の特色にあげられるのは華やかな応援合戦である。第二次世界大戦後、会社チームが多くなって生まれた大会の名物で、各チームは郷土色豊かな応援を繰り広げている。第34回大会(1963)からは応援団コンクールが行われている。[日本野球連盟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都市対抗野球の関連キーワード社会人野球都市対抗野球大会プロ野球チームもつくろう!プロ野球チームをつくろう!アドバンスプロ野球チームをつくろう!3プロ野球チームをつくろう!2003もっとプロ野球チームをつくろう!ノンプロ野球東北社会人サッカーリーグ1部社会人野球日本選手権大会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都市対抗野球の関連情報