井手俊郎(読み)いで としろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井手俊郎 いで-としろう

1910-1988 昭和時代後期の脚本家。
明治43年4月11日生まれ。東宝にはいり,昭和24年今井正監督「青い山脈」でデビュー。26年フリー。成瀬巳喜男監督「めし」,岡本喜八監督「江分利満氏の優雅な生活」など,文芸作品を得意とした。テレビのシナリオも手がけた。昭和63年7月3日死去。78歳。佐賀県出身。東京高等工芸(現千葉大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android