三等重役(読み)サントウジュウヤク

  • さんとうじゅうやく ‥ヂュウヤク
  • さんとうじゅうやく〔ヂユウヤク〕
  • 書名

デジタル大辞泉の解説

名目だけで、実質的には一般社員と変わりのない重役。サラリーマン重役。
[補説]源氏鶏太小説題名から広まった語。→三等重役書名
源氏鶏太長編小説。昭和26年(1951)から昭和27年(1952)にかけて「サンデー毎日連載。「三等重役」は流行語となった。昭和27年(1952)春原政久監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

1952年公開の日本映画。監督:春原政久、原作:源氏鶏太、脚色山本嘉次郎井手俊郎、撮影:玉井正夫、音楽:松井八郎、美術:北川恵笥。出演:小川虎之助、三好栄子、関千恵子、河村黎吉沢村貞子、井上大助、森繁久彌ほか。第7回毎日映画コンクール演技特別賞(河村黎吉)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

源氏鶏太(1912‐85)の現代小説。1951年から52年にかけて《サンデー毎日》に連載。戦後風俗を背景に,総務部長から特進した新社長と,その補佐をする人事課長のコンビを軸に,サラリーマン気質のしみついた重役の哀歓を軽妙に描く。敗戦後,占領軍による旧指導者層の追放と交替に登場した成り上がりの新指導者への風刺自嘲が共感をもって迎えられ,この題名は流行語となった。52年東宝で映画化。またこの小説のユーモア中村武志(1909‐92)の目白三平物に受け継がれ,アイロニーは深められて山口瞳(1926‐95)の江分利満氏物へと展開する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 経営はまかされていても資本の実権はない重役。また、小規模の会社のため、たいした実権を持っていない重役。昭和二六年(一九五一)、源氏鶏太作の小説「三等重役」から広まったことば。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の三等重役の言及

【喜劇映画】より

…コメディアンも1人で観客を動員することが困難になっていった。東宝を例にとれば,《三等重役》(1952)に始まる《社長》シリーズ(サラリーマン喜劇)と,《駅前旅館》(1958)に始まる《駅前》シリーズ(商売喜劇)は,いずれも,森繁,伴淳三郎,フランキー堺,三木のり平らを軸にした〈喜劇人総出演〉型である。そうした中で,植木等主演の《ニッポン無責任時代》(1962)は,サラリーマン喜劇に属しながら,陽気なピカレスクの輝きを見せ,異彩を放つが,シリーズ化された後続の作品は平凡なものとなった。…

※「三等重役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android