コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青い山脈 アオイサンミャク

デジタル大辞泉の解説

あおいさんみゃく〔あをいサンミヤク〕【青い山脈】

石坂洋次郎の小説。昭和22年(1947)発表。第二次大戦後まもない地方の町を舞台に、高校生らの男女交際などを通して解放された青春の姿を明るくユーモラスに描く。
歌謡曲。昭和24年(1949)発表。西条八十作詞、服部良一作曲。発表当初は藤山一郎奈良光枝によって、続いて昭和38年(1963)、神戸一郎、青山和子によって歌われた。
今井正監督・脚色による映画の題名。昭和24年(1949)公開。出演、原節子、龍崎一郎、池部良ほか。第4回毎日映画コンクール撮影賞受賞。
松林宗恵監督による映画の題名。昭和32年(1957)公開。「新子の巻」「雪子の巻」の2本立て。出演、雪村いづみ、司葉子ほか。
西河克己監督による映画の題名。昭和38年(1963)公開。出演、吉永小百合、浜田光夫ほか。
河崎義祐監督による映画の題名。昭和50年(1975)公開。出演、三浦友和、片平なぎさほか。
[補説]はいずれもを原作とした作品。主題歌として発表されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

青い山脈

原作は作家石坂洋次郎が1947(昭和22)年に朝日新聞に連載した青春小説。映画は49~88年に5作つくられ、2作目を中津川、恵那両市でロケした。松林宗恵監督が恵那山に抱かれたこの地に引かれたためという。主役の女子高生を雪村いづみさん、教師を司葉子さん、教師に思いを寄せる校医を宝田明さん(いずれも当時20~23歳)が演じた。小説連載が始まったのは日本国憲法が施行された翌月で、若者の恋愛と伸びやかな感性を旧世代との対比で描いた物語は「民主主義の教科書」とも評された。

(2014-09-14 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

青い山脈

1975年公開の日本映画。石坂洋次郎による同名小説の4度目の映画化作品。監督:河崎義祐、原作:石坂洋次郎、脚本:井手俊郎、剣持亘。出演:三浦友和片平なぎさ、村野武範、中野良子星由里子、田中健、木村理恵ほか。

青い山脈

1957年公開の日本映画。石坂洋次郎による同名小説の2度目の映画化作品。監督:松林宗恵、原作:石坂洋次郎、脚色:井手俊郎、撮影:小原譲治、音楽:服部良一。出演:雪村いづみ、久保明、司葉子、宝田明、太刀川洋一、笹るみ子、淡路恵子ほか。

青い山脈

1963年公開の日本映画。石坂洋次郎による同名小説の3度目の映画化作品。監督・脚色:西河克己、原作:石坂洋次郎、脚色:井手俊郎。出演:吉永小百合、浜田光夫、高橋英樹、田代みどり、芦川いづみ、二谷英明、南田洋子ほか。

青い山脈

1949年公開の日本映画。石坂洋次郎による同名小説を最初に映画化したもの。監督・脚色:今井正、原作:石坂洋次郎、脚色:小国英雄、撮影:中井朝一、音楽:服部良一。出演:原節子、龍崎一郎、池部良、杉葉子若山セツ子木暮実千代、赤木蘭子ほか。第4回毎日映画コンクール撮影賞、女優演技賞(原節子)、助演賞(木暮実千代)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおいさんみゃく【青い山脈】

石坂洋次郎(1900‐86)の長編小説。戦後最初の新聞連載小説で,1947年(昭和22),《朝日新聞》に連載,同年,新潮社刊。この作家の昭和10年前後の代表作《若い人》を戦後に移した趣向の旧制高等女学校を舞台とした青春小説。複雑な家庭に育った勝気な美しい娘・新子がラブレターを送られたことに端を発した学園騒動を描く。因襲にとらわれた校内の封建的な雰囲気に果敢に取り組む青春像がユーモアをまじえて写し出され,新子を助ける英語教師の島崎雪子も一つの戦後像とみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あおいさんみゃく【青い山脈】

小説。石坂洋次郎作。1947年(昭和22)「朝日新聞」連載。東北の女学校を舞台にした青春小説。戦後民主主義下の男女関係を明るい青春風俗として描く。49年映画化され、同名の主題歌とともに大ヒットした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青い山脈
あおいさんみゃく

石坂洋次郎の長編小説。1947年(昭和22)6~10月『朝日新聞』に連載され、同年12月新潮社より刊行。地方の高等女学校の女学生寺沢新子、高校生金谷六助、女教師島崎雪子、医師沼田玉雄らをめぐって、男女交際、女権拡張など、戦後新旧思想の対立を主題に、きたるべき民主的な生活のあり方をユーモラスに追求した作品。戦後まもなくの、暗く、ややもすれば退廃的になりがちな当時の人々に一服の清涼剤、あるいは民主主義の教科書として受け止められた。1949年今井正(ただし)監督、池部良(いけべりょう)(1918―2010)・杉葉子(すぎようこ)(1928― )主演で初めて映画化され、記録的な観客数を動員し、石坂文学=青春物の印象を強烈にした。[森 英一]

映画

日本映画。1949年(昭和24)東宝作品。今井正監督。「朝日新聞」に連載された石坂洋次郎の小説を、東宝から独立した藤本真澄(ふじもとさねずみ)(1910―1979)が製作、戦後の自由と明るさを象徴する大ヒット作になる。ある地方の町、女学生の寺沢新子(杉葉子)は、駅前で店番をしていた金谷六助(池部良)と知り合う。英語教師の島崎雪子(原節子)は新子宛のラブレターを見せられ、校医の沼田(龍崎一郎(りゅうざきいちろう)、1912―1988)に相談する。ついに学校ではこの問題に対処するために理事会が開かれることになる。封建的な学校や理事会に対して、雪子や沼田らが男女交際の自由を訴え、新しい民主主義的な価値観を顕揚する。脚本の井出俊郎(いでとしろう)(1910―1988)は本作がデビュー作、以後の再映画化もこの脚色をもとにしている。1957年に松林宗恵(まつばやししゅうえ)(1920―2009)、1963年に西河克己(にしかわかつみ)(1918―2010)、1975年に河崎義祐(かわさきよしすけ)(1936― )、1988年に斎藤耕一(さいとうこういち)(1929―2009)で再映画化され、西条八十(さいじょうやそ)作詞、服部良一(はっとりりょういち)作曲の主題歌も親しまれている。前後編に分けて公開。キネマ旬報ベスト・テン第2位。[坂尻昌平]
『『青い山脈』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青い山脈の言及

【青春映画】より

…青春=スポーツというこの概念はハヤブサ・ヒデト監督・主演のオートバイ活劇《青春恋愛街》(1937),フランスのスキー映画《青春乱舞》(1938)などをへて,夏の甲子園の高校野球をとらえた市川崑監督の記録映画《青春》(1968)に至るまで続き,今なお変わらず存続している。 青春映画という呼称が一般的に使われはじめるのは戦後になってからで,《青い山脈》(1949)をはじめとする〈石坂洋次郎物〉を中心に打ち出された東宝青春映画路線以来のことで,《青い山脈》が当時〈健康な作品〉と評されたように,ここにも〈明朗青春編〉のイメージが受け継がれる。そして戦前の〈あかるい蒲田映画〉,鈴木伝明主演の〈スポーツ映画〉を受け継いで《若大将》シリーズがつくられるといったぐあいに,青春映画はもっぱらその〈明るさ〉を売りものにしてきたが,他方では,小津安二郎監督《青春の夢いづこ》(1932)からドイツ映画《青春》(1941公開)をへて黒沢明監督《わが青春に悔なし》(1946)に至る青春の挫折を描いた〈暗い〉青春映画の流れもあり,また日本最初の〈接吻映画〉として知られる佐々木康監督,大坂志郎,幾野道子主演の《はたちの青春》(1946)の題名にこめられた青春=性の解放のイメージは,1950年代に入って高校生の〈桃色遊戯〉を描いた〈性典映画〉(《十代の性典》1953)や学生の乱行を描いた〈太陽族映画〉(《太陽の季節》1956)をへて青春映画のもう一つのシンボルと化し,フランスの〈ヌーベル・バーグ〉に次ぐ〈松竹ヌーベル・バーグ〉の大島渚監督《青春残酷物語》(1960)に至って,屈折した青春のイメージが〈明朗青春編〉の概念を覆すことになる。…

※「青い山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青い山脈の関連キーワード木暮 実千代若山 セツ子島田 敬一番匠 義彰中井 朝一井手 俊郎藤本 真澄くぼた洋子奈良 光枝龍崎 一郎柏原芳恵藤本真澄遠藤哲司補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青い山脈の関連情報