コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井楼船/棲楼船 セイロウブネ

デジタル大辞泉の解説

せいろう‐ぶね【井楼船/×棲楼船】

戦国時代の軍船の一。大型船の胴の上に井楼を立て、そこから敵陣を偵察したり矢を放つようにしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

井楼船/棲楼船の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露戦国時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android