コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜酸化物 あさんかぶつsuboxide

翻訳|suboxide

3件 の用語解説(亜酸化物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜酸化物
あさんかぶつ
suboxide

ある元素の酸化物のうち,標準的な酸化物におけるよりも低い酸化数の元素を含む酸化物の総称。低級酸化物ともいう。たとえば,亜酸化窒素 (一酸化二窒素) N2O ,亜酸化銅 Cu2O などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あさんか‐ぶつ〔アサンクワ‐〕【亜酸化物】

元素の酸化物のうち、酸化状態が通常の酸化物よりも低いものの通称。亜酸化窒素亜酸化銅酸化銅(Ⅰ))などを指すが、正式名称ではないため現在ではあまり使われていない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜酸化物
あさんかぶつ
suboxide

一つの元素について、もっとも普通の酸化物よりも酸化程度が一段階低い酸化物を亜酸化物という。ただしこれは正式の名称ではなく、現在ではあまり使われなくなっている。たとえばN2O(一酸化二窒素)を亜酸化窒素、Cu2O(酸化銅())を亜酸化銅、C3O2(二酸化三炭素)を亜酸化炭素などとよんだことがある。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone