コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一酸化二窒素 いっさんかにちっそnitrous oxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一酸化二窒素
いっさんかにちっそ
nitrous oxide

化学式 N2O 。分子量 44.01。亜酸化窒素,笑気ともいう。常温,常圧で無色の気体。融点-90.8℃,沸点-88.5℃。硝酸アンモニウム熱分解により得られる。

NH4NO3→N2O+2H2O

かすかな芳香と甘味のある気体で,麻酔作用をもつ。加熱した炭,金属類は一酸化二窒素中でよく燃焼する。歯科,外科手術の麻酔薬として使用された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっさんか‐にちっそ〔イツサンクワ‐〕【一酸化二窒素】

亜酸化窒素の正式名称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっさんかにちっそ【一酸化二窒素】

甘い芳香のある無色の気体。化学式 N2O 硝酸アンモニウムの熱分解によって生じる。少量吸入すると顔の筋肉が軽く痙攣けいれんして笑っているようになるので笑気ともいう。吸入式の全身麻酔剤として用いる。リンや硫黄はこの中では空気中でよりよく燃える。亜酸化窒素。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一酸化二窒素
いっさんかにちっそ
dinitrogen monoxide

窒素酸化物の一つ。亜酸化窒素nitrous oxideと誤称することもある。また、少量を吸うと顔面の筋肉がけいれんし笑ったようにみえるので笑気(しょうき)laughing gasともよばれる。
 硝酸アンモニウムを180~250℃に加熱分解して得られる。
  NH4NO3―→N2O+2H2O
300℃以上では爆発する。かすかな甘味と芳香をもった無色の気体。次亜硝酸の無水和物に相当するが、水溶液は中性である。常温では安定でハロゲン、アルカリ金属とも反応しない。高温では分解し酸素を生じるので燃焼を助けるため、硫黄(いおう)などは空気中よりも激しく燃える。N-N-Oの直線状分子で、物理的性質は二酸化炭素に似ており、圧縮液化しボンベ(上部は青色、下部はねずみ色)で市販される(液体の比重は1.226、測定温度零下89℃)。普通、酸素と混ぜて麻酔剤として用いられる。毒性は弱く比較的安全であるが長時間になると酸素欠乏症をおこすこともある。ほかにクリームの泡立て、有機化合物の酸化剤として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一酸化二窒素の言及

【酸化窒素】より

…単に酸化窒素というときは一酸化窒素NOをさす場合が多い。
[一酸化二窒素dinitrogen monooxide]
 化学式N2O。酸化二窒素,亜酸化窒素(俗称)とも呼ばれる。…

【麻酔】より

…麻酔法が急速に発展したのは19世紀に入ってからであった。1799年デービーHumphry Davy(1778‐1829)は笑気(一酸化二窒素N2O)吸入の麻酔作用を発見,ロングCrawford Williamson Long(1815‐78)は1842年エーテル麻酔で頸部腫瘍摘出術を行った。歯科医W.T.G.モートンは46年10月16日マサチューセッツ総合病院臨床講堂でエーテル麻酔を供覧した。…

※「一酸化二窒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一酸化二窒素の関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)一酸化二窒素(データノート)地球温暖化防止京都会議マグネシウムニトロアミン温室効果ガス代替フロン中性酸化物窒素酸化物地球温暖化京都議定書亜酸化物脱窒現象無痛分娩温室効果フロン脱窒大気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一酸化二窒素の関連情報