コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交子舗 こうしほjiao-zi-pu; chiao-tzü-p`u

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交子舗
こうしほ
jiao-zi-pu; chiao-tzü-p`u

中国,宋代に四川地方で交子と呼ばれる手形を発行した金融業者の組合。四川は鉄銭の使用区域のため,銭の運搬が不便であったので,蜀の富商 16戸が組んで交子を発行した。交子舗は交子発行で得た金で有利な事業に投資し巨利を博したが,その後,経済を混乱に陥れた。宋朝はこの混乱を,益州に交子務を設け,交子発行を官営とすることによって乗切った。しばらくして益州交子務で紙幣としての交子が発行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android