コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦区域 こうせんくいきregion of war

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦区域
こうせんくいき
region of war

交戦国が戦争遂行のため交戦行動を行うことができる区域。戦争区域と呼ばれることもある。交戦区域は,通常交戦国の領域,統治地域 (租借地信託統治地域) ,それらの領海,領空,公海,公空である。もっとも,日露戦争の場合の満州 (中国東北部) のように,中立国の黙認によりその領土が交戦区域になったこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせん‐くいき〔カウセンクヰキ〕【交戦区域】

交戦国が戦闘行為を行うことのできる区域。一般に、交戦国の領域、公海、およびそれらの上空をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせんくいき【交戦区域】

交戦国が互いに戦闘を行うことのできる区域。普通、交戦国の領土・領海・領空をさす。戦争区域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

交戦区域の関連キーワード戦時禁制品中立地帯交戦国中立化制空権捕獲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android