交戦区域(読み)こうせんくいき(英語表記)region of war

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦区域
こうせんくいき
region of war

交戦国が戦争遂行のため交戦行動を行うことができる区域。戦争区域と呼ばれることもある。交戦区域は,通常交戦国の領域,統治地域 (租借地信託統治地域) ,それらの領海,領空,公海,公空である。もっとも,日露戦争の場合の満州 (中国東北部) のように,中立国の黙認によりその領土が交戦区域になったこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせん‐くいき〔カウセンクヰキ〕【交戦区域】

交戦国が戦闘行為を行うことのできる区域。一般に、交戦国の領域、公海、およびそれらの上空をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせんくいき【交戦区域】

交戦国が互いに戦闘を行うことのできる区域。普通、交戦国の領土・領海・領空をさす。戦争区域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうせん‐くいき カウセンクヰキ【交戦区域】

〘名〙 交戦国の兵力が敵対行為を行なえる地域。ふつう交戦国の領域、公海、およびその上空をさす。戦争区域。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android