コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極貞氏 きょうごく さだうじ

1件 の用語解説(京極貞氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極貞氏 きょうごく-さだうじ

?-1355 南北朝時代の武将。
京極宗氏の子。足利尊氏につかえ,左衛門尉(さえもんのじょう)・近江守(おうみのかみ)となり,室町幕府の引付衆(ひきつけしゅう)をつとめる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)でははじめ足利直義(ただよし),のち尊氏にしたがった。文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年11月19日死去。通称は三郎。法名は善観。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

京極貞氏の関連キーワード佐々木高氏小山氏政京極氏詮京極高秀(1)京極秀詮京極宗氏京極宗綱南部政行松浦定由良光氏

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone