京都ビエンナーレ(読み)きょうとビエンナーレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1972年から,京都市がアンデパンダン展と並行して,より積極的な支援のために行なった現代美術展。第1回展は京都アンデパンダンの出品者を中心に,河口龍夫,木村光佑ら 37名の作家招待。 76年「集団による美術」のテーマで行なわれた以後は開催されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android