コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都七口 きょうとななくち

百科事典マイペディアの解説

京都七口【きょうとななくち】

中・近世に京都の市中(洛中)と市外(洛外)を結んだ街道の出入口の総称で,京の七口ともいう。元来,七口は特定されたものではなく,多数の出入口を象徴的に表現したものであったが,近世になると次第に固定していき,1703年の《京都覚書》は,七条口・千本口・大原口・粟田口・五条口・竹田口・東寺口を七口としている。
→関連項目嘉吉の土一揆

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

京都七口の関連キーワード室町時代(年表)粟田口(京都市)安土桃山時代室町時代日野富子土一揆鞍馬口七口関関銭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android