コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京釜鉄道 けいふてつどうKyǒng-Bu ch'ǒlto

3件 の用語解説(京釜鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京釜鉄道
けいふてつどう
Kyǒng-Bu ch'ǒlto

日本政府,財界援助のもとに,朝鮮の京城 (現ソウル) -釜山間に敷設された鉄道。光武2 (1898) 年9月,資本金 2500万円,取締役会長渋沢栄一京釜鉄道会社が設立され,同6年8月着工,多くの紛糾を経て同8年完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいふてつどう【京釜鉄道】

朝鮮の首都ソウル(京城)と釜山とを結ぶ全長約440kmの鉄道。この路線を軍事上重視していた日本は,1894年日清戦争勃発直後の日韓暫定合同条款で,京仁鉄道とともに敷設権を獲得した。その後日本の権利はいったん解消するが,98年には再び日本のものとなった。渋沢,大倉らが1901年に設立した京釜鉄道株式会社が事業にあたり,政府の速成命令によって1905年日露戦争中に全線開通させた。実質的に半官半民鉄道となっていたが,06年には朝鮮統監府に譲渡されて国有鉄道となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいふてつどう【京釜鉄道】

京城(現ソウル)・釜山プサン間を結ぶ朝鮮の幹線鉄道。1898年(明治31)京釜鉄道合同条約締結により、渋沢栄一らの京釜鉄道株式会社によって建設された。1906年日本国有となり、日本の大陸侵略の幹線となった。現在は韓国鉄道公社が運営。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の京釜鉄道の言及

【鉄道】より


[植民地の鉄道建設]
 日本は日清戦争により台湾の領有と朝鮮の支配(1910年併合),そして日露戦争により中国東北(満州)への進出を実現したが,これらの植民地,勢力圏を政治的,軍事的,経済的に支配するうえで,鉄道の建設は最も重要な手段の一つであった。 朝鮮では1894年に京城~仁川間(京仁鉄道),京城~釜山間(京釜鉄道)の鉄道敷設権を獲得し,当初は民間の手で前者は1900年,後者は02年に一部開通をみた。とくに,朝鮮を縦貫する京釜鉄道は,朝鮮を統治するためだけでなく,大陸(満州)へ進出するさいの拠点ともなる鉄道であり,日露開戦が切迫した04年,政府はこれを軍事輸送に利用するため勅令を公布して速成を促し,05年完成をみた。…

※「京釜鉄道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone