コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京仁鉄道 けいじんてつどう Kyǒng-In ch'ǒlto

3件 の用語解説(京仁鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京仁鉄道
けいじんてつどう
Kyǒng-In ch'ǒlto

朝鮮の京城 (現ソウル) -仁川間に日本資本によって敷設された朝鮮最初の鉄道。建陽1 (1896) 年にアメリカ人 J.モールスは朝鮮政府からソウル-仁川間の鉄道敷設権を得たが,資金調達難のため光武1 (97) 年日本に権利譲渡した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいじんてつどう【京仁鉄道】

朝鮮で最初に開通した鉄道。首都ソウル(京城)と開港場仁川とを結び,全長約42km。1894年日清戦争勃発直後の日韓暫定合同条款にもとづいて日本が獲得した敷設権は,三国干渉以後の情勢下でアメリカ人に渡り,のち再び日本のものとなった。三井,三菱,渋沢らの大資本家が設立した京仁鉄道合資会社が事業をうけつぎ,多額の国家資金の援助を得て1900年に全線開通させた。03年には京釜鉄道株式会社に譲渡され,京釜鉄道の一支線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいじんてつどう【京仁鉄道】

明治時代、日本によって敷設された朝鮮最初の鉄道。京城(現ソウル)・仁川インチヨン間を結び、1900年(明治33)開通。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京仁鉄道の関連キーワード京釜鉄道地下鉄徳寿宮仁川御通し操重車Seoul鉄道の日防石鉄道リバプール・マンチェスター鉄道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone