コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亭子院歌合 ていじいんのうたあわせ

大辞林 第三版の解説

ていじいんのうたあわせ【亭子院歌合】

歌合。一巻。913年3月13日、宇多上皇が亭子院で主催。三〇番六〇首。詠者は紀貫之ら一〇人。勅判で、判詞は現存最古のもの。「天徳歌合」とともに、歌合の範とされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亭子院歌合
ていじいんのうたあわせ

913年(延喜13)3月13日、宇多(うだ)法皇が故七条后温子(しちじょうのきさきおんし)の邸宅で上皇御所となっていた亭子院において催した歌合。題は二月(初春)・三月(季春)・四月(夏)・恋で、各10番20首をつがえる予定だったが、時間の都合で夏と恋とを半分にして、30番60首が披講された。判者(はんじゃ)は宇多法皇の勅判で、判詞(はんし)は記録されているものではもっとも古く、滑稽(こっけい)味があっておおらかな行事の雰囲気を伝えている。作者は、法皇、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、藤原興風(おきかぜ)、紀貫之(きのつらゆき)、坂上是則(さかのうえのこれのり)、伊勢(いせ)、大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)など当時の有数の歌人が参加、「桜散る木の下風は寒からで空に知られぬ雪ぞ降りける」(貫之)、「桜花散りぬる風の名残(なご)りには水なき空に波ぞ立ちける」(同)など秀歌も多く詠まれている。行事の経緯を記した仮名日記は伊勢の作といわれる。形式的にも整った晴儀であった。[小町谷照彦]
『萩谷朴・谷山茂校注『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店) ▽小沢正夫校注・訳『日本古典文学全集7 古今和歌集』(1971・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

亭子院歌合の関連キーワード天徳内裏歌合凡河内躬恒宇多天皇壬生忠岑天徳歌合坂上是則をかし紀貫之亭子院一巻判詞伊勢若紫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android