コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亮典 りょうてん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮典 りょうてん

1607-1652 江戸時代前期の僧。
慶長12年4月15日生まれ。真言宗高野山,智積(ちしゃく)院で修行後,郷里の伊勢(いせ)(三重県)に真常院をひらいて隠棲(いんせい)した。弟子に亮汰(りょうたい)らがいる。慶安5年8月12日死去。46歳。俗姓は倉内。字(あざな)は文性。著作に「大疏鈔(だいしょしょう)」「大日経住心品疏科文(じゅうしんぼんしょかもん)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亮典の関連キーワード承応ベンティボリオ戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門デ・ロイテルホイヘンスモントヤ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亮典の関連情報