コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口減少元年 じんこうげんしょうがんねん

1件 の用語解説(人口減少元年の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

人口減少元年

2005年10月1日実施の国勢調査によれば、日本の総人口は1億2776万7994人(男性6234万8977人、女性6541万9017人)で、1年前の1億2777万6000人より約8000人減少した。1920年の第1回国勢調査実施以来、初めて総人口が減少(第2次世界大戦終戦の45年を除く)、国立社会保障人口問題研究所が2002年に公表した推計より2年早まった。また、厚生労働省人口動態統計月報年計(06年6月1日公表)でも、05年の自然増加数(日本に住む日本人の年間の出生数から死亡数を差し引いた数)がマイナス2万1408人となり、統計を取り始めた1899年以来初の減少、2005年が人口減少元年となった。超低出生の状況が持続する可能性は高く、人口減少の局面が今後も長期的に続くことが予想される。

(小川直宏 日本大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人口減少元年の関連キーワード国勢調査人口密度総人口統計調査センサス・データ林業就業者人口集中地区(DID)DID旧市区町村5増5減河川水辺の国勢調査

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone