コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口減少元年 じんこうげんしょうがんねん

1件 の用語解説(人口減少元年の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

人口減少元年

2005年10月1日実施の国勢調査によれば、日本の総人口は1億2776万7994人(男性6234万8977人、女性6541万9017人)で、1年前の1億2777万6000人より約8000人減少した。1920年の第1回国勢調査実施以来、初めて総人口が減少(第2次世界大戦終戦の45年を除く)、国立社会保障人口問題研究所が2002年に公表した推計より2年早まった。また、厚生労働省人口動態統計月報年計(06年6月1日公表)でも、05年の自然増加数(日本に住む日本人の年間の出生数から死亡数を差し引いた数)がマイナス2万1408人となり、統計を取り始めた1899年以来初の減少、2005年が人口減少元年となった。超低出生の状況が持続する可能性は高く、人口減少の局面が今後も長期的に続くことが予想される。

(小川直宏 日本大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

人口減少元年の関連キーワード出生率リー イーユンいたばし太郎アン リー川原多美子佐藤友香小泉ポロンくるくるシルクindigoblue

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone