コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人形手 ニンギョウデ

デジタル大辞泉の解説

にんぎょう‐で〔ニンギヤウ‐〕【人形手】

唐子(からこ)人形の模様を染めだした上等の更紗(サラサ)、または、印伝の染め革。
中国、明代の青磁茶碗の一。多く内側に人物模様を型押ししてある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんぎょうで【人形手】

中国、明代の青磁の一。多く、内面に人物をほぼ等間隔に型押ししてあるのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人形手の関連キーワードギニョール操り人形市松人形手遣いサラサ人形劇印伝更紗唐子茶碗内面手芸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人形手の関連情報