コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インデン インデン 〈ポルトガル〉Indian/〈オランダ〉Indiën

4件 の用語解説(インデンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インデン(〈ポルトガル〉Indian/〈オランダ〉Indiën)

羊または鹿のなめし革柔らかで小皺(こじわ)があるため独特の感触がある。藍(あい)模様を型染めしたり、漆をひいて模様をつけたりして、袋物などに使う。江戸中期以降、甲州の名産。インデン革。
[補説]インドから伝わったといわれ、「印伝」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

印伝【いんでん】

羊または鹿のなめし革。しぼが細かく,肌合(はだあい)が柔らかい。染色を施し,多くは漆で模様を描き,袋物に賞用。甲州印伝が有名。名はインド伝来にちなむ。
→関連項目甲府[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんでん【印伝】

鹿皮などの獣皮をなめして柔らかくし,漆や型紙を用いて文様を現した染革の一種。16世紀中ごろにインドから伝来したといわれ,〈印伝〉の名がある。皮特有の適度の伸縮性があり,また染色性もよく,江戸・明治時代には袋物やタバコ入れとして珍重された。現在では山梨県甲府市にこの技法が伝えられ,甲州印伝と呼ばれている。これは主として型紙を用い,文様を漆で表したものである。【土屋 良雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんでん【印伝】

〔インドから伝来した、の意〕
羊または鹿の鞣革なめしがわに漆で模様を現した染め革。また、その革で作った袋物。江戸中期以降、甲府で山羊革や牛革を使って作られる。印伝革。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インデンの関連キーワード洗い革熟柿クロム鞣製革鞣すモロッコ革鹿皮鞣革衣袽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インデンの関連情報