人徳(読み)ジントク

  • にんとく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 その人に備わっている徳。にんとく。
※本朝文粋(1060頃)四・請諸節会等依旧不停踏歌〈菅原文時〉「天経在憶。人徳帰厚」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「『人徳ですかね』と高之は昂然として笑った」 〔楚辞‐離騒〕
〘名〙 (「にんどく」とも) その人にそなわっている徳。じんとく。
※紺野機業場(1969)〈庄野潤三〉一四「貧乏しても苦にせずに笑って居られるやうな人を、ああ、あの人はにんどく(人徳)やと云ひます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人徳の関連情報