人民の意志(党)(読み)じんみんのいし[とう](英語表記)Narodnaya Volya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人民の意志(党)
じんみんのいし[とう]
Narodnaya Volya

19世紀後半のロシアの秘密政治結社。ロシア語ナロードナヤ・ボーリャ。 1879年 S.M.ソロビヨフの皇帝暗殺未遂事件を契機にナロードニキの「土地と自由 (党) 」が「全土地割替」派と「人民の意志 (党) 」に分裂したことによって誕生。「全土地割替」派がテロ行為を否定し,農民革命を目指す宣伝活動に運動の重点を移したのに対して,社会革命を実現するにはなによりもまず政治革命を行い,そのためにはテロ行為が重要な闘争手段であると考え,中央執行委員会のもとで上からの指令を絶対視する中央集権的な党となった。中央執行委員会はツァーリの生命に目標を定め,79年 11月皇帝列車に爆薬をしかけたり,80年2月冬宮の爆破を試みたりして,ついに 81年3月皇帝アレクサンドル2世の暗殺に成功した。しかし,この事件は人民を覚醒させることができず,専制政府の徹底的な弾圧を招く結果となり,84年までに組織は壊滅状態に陥った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android